未来型の仕事

仕事
未来型の師匠たちに出会い、自分の未来は時間に縛られず娘、息子たち家族にもっと自由に寄り添える時間を作り、希望を持って引きこもりながら生きていきたいと、そう思って進んで来たつもりだったのに・・・全然前に進めていない現実を知り、とても情けなくなった💦
何やってたんだろう。私は口ばっかりで一歩も動けてなかった。動こうともしてなかった。全部周りのせいにしてた。ダメなのは自分自身だった。努力してるつもりになってた。
師匠の師匠にグサッと突き刺さる言葉を言われた時、「ああ、やっぱり自分自身と戦わなきゃだめなんだ」と思いました。周りの人間、会社の環境に不平不満、愚痴ばかりを言って腐っている場合じゃないんだと。疲れてそこから逃げたくて、心を振り回されて・・・な状態でした💦
他人のせいに、周りの環境のせいにするのは簡単・・・でも、もやもやしながらそこから逃げてしまう・・を繰り返す。そんな自分と向き合うのは正直しんどい^^;しんどいです・・・
師匠の師匠に言われた言葉がずっと心の中に刺さったまま抜けなくて痛い・・・
「あなたは本当にこれ(未来型)をやりたいと思ってるの?」
「会社のせいにしてるだけじゃないの?」
「変わらなきゃいけないのはあなた自身でしょう」
「行動しないと何も変わらないよ」
真っ直ぐ本当に気持ちのこもった言葉だから・・・痛いのだと思う。
この刺さった言葉をきっかけに私の中で何かが弾けた・・・
自分でもびっくりするくらい・・・気持ちの切り替えができていた。
まず・・・今の職場で、今までの条件を変えて自分が娘や息子たちの為に時間が取れるような働き方ができるよう、勤務時間の変更を交渉した。
向こうは私に残って欲しいらしくあっさりと通ってしまった^^;
休みも増やしてくれるそう(福利厚生の充実だとか・・)
今から仕事を辞めて職探しをする手間とリスクは省けた、
経済的にも今すぐどうこうなる不安はなくなり、変更した勤務時間通りに定時で帰れるようになったら、娘たちとの時間を確保しつつ、未来型でやりたいことを進めていくこともできる。
そう考えたら、今まで感じていた仕事に対する不満全般(仕事量、人間関係などなど)がほとんど気にならなくなったから不思議^^;
ただ、そう思ったようにうまくいくかどうかは未知数だけど・・・
でも、私は決めていることがある。
「私、定時で帰ります・・・」のドラマを地でいってやろうかと(笑)
というか、そうしないと勤務時間を変えて残った意味もなくなる💦
仕事の人間関係、妬み、嫉み、悪口、陰口なんかに飲み込まれそうになった時は・・・胸に刺さっている師匠の師匠に言われた言葉を思い出そうと思う。自分は何をしたいのか、どんな未来を目指しているのか、想像しようと思います。
そして・・・1ミリでもいいから前に進みたい・・・
未来型で自分の、娘の、大切な家族、大切な人たちの未来を作っていきたい・・・
私の未来は、娘と一緒に好きなものに囲まれて時間に縛られず、引きこもりの生活を満喫している!!です。
欲張りですかね〜(笑)
でも、そうなっていたい、そうなりたい・・・うん、そんな未来になっていると思います(๑>◡<๑)
    

5mail

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。