フィギュアスケート!羽生選手・・

ももやんです(^^)/

オリンピック、盛り上がってますね!!

フィギュアスケート・・・男子日本人2人が金と銀の1・2フィニッシュ(>_<)素晴らしかった!羽生選手の演技、圧巻でしたね。このオリンピックまでの間、ケガで2か月間、リンクに立てず滑れなかったと・・残り、1か月しか無い中での練習でこのオリンピックでの状態にもってくるって・・本当にすごくないですか?

絶対に不安とか焦りとか・・ケガの痛みの中で、身体的にも精神的にも私には到底想像も出来ない感情や考えが色々あったと思います。それを全部ふっきってのこの結果って・・ほんとにただただ、脱帽です(-_-;)羽生選手、TVでよく見かけてたけど、もともとフィギュアスケートという競技に興味がなかったので、あまり関心がなかったのですが・

昨年の24時間TV・・たまたま見ていたところに羽生選手に憧れてフィギュアスケートをしている喘息持ちの男の子との企画をやっていて・・・羽生選手が、喘息持ちながらフィギュアスケートやってることを知って・・とてもびっくりしました。ほんとに、だって全然見えなくて・・細身な体だなーっては思っていたけど、まさか喘息っていう病気を抱えているなんて思いもしなくて・・氷の上で演技している羽生選手は、力強くて綺麗で・・とてもかっこいい!

喘息なんてあり得ないって思うじゃないですか・・

羽生選手が抱えている喘息という病気、下手すると命にまで関わるといわれている大きな病気で、発作が起きると、息が吸えないくらい苦しいし、しんどい・・。

羽生選手、喘息の症状は改善してきてはいるものの、今でも薬を持ち歩き、発作の予防をしながら、自分の病気と付き合いながら、競技に臨んでられるとのこと。自分にとってこの状態、状況は当たり前のことなのだから、そこを自分が受け入れてやっているなら人と比べなくてもいいんじゃないかなっていうようなことを話されてて・・それが、すごく印象に残っています。

「喘息があるから競技がしんどいだとか思うことはほとんどなかった」って・・言葉に全てが詰まってますよね。私たちにとって障害と思っていることが障害者といわれている人にとってはあたり前のこと・・同情とかかわいそうとか言われる意味が分からないって・・そういうことなんじゃないかと私は解釈したのですが・・。

その企画で見た、郷ひろみさんの「言えないよ」の歌で滑る羽生選手の姿・・もう、感動しちゃいました。表現力、半端ないですね( ;∀;)ファンになっちゃいました(笑)ミーハーです、ハイ。

それでもって、今回のオリンピック金メダルでしょう・・ほんとスゴイ人だなって思いました。彼のことを尊敬します。その姿に勇気をもらいます。私と同じような思いを持っている方、多いんじゃないかなと思いますが(^-^)

娘の不登校や緘黙症のことを考えると不安になることもまだまだありますが・・ほんと色々ありますが(-_-;)・・羽生選手の活躍、姿を見ていたら自分の悩みなんてまだまだちっぽけなことかもしれないな・・まだまだこれからやれることたくさんあるよな・・なんて思ったりして。前向きに頑張れるような気がします(^_-)-☆

ほんと、羽生選手おめでとうございます(*^-^*)

 

    

5mail

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。