不登校のゴールに出会うきっかけは・・情報収集して色々な価値観に触れること

不登校・緘黙症

我が子のことを知るために色んな情報を仕入れる、本、ユーチューブ、ネット、講演会などなど色んな考え方や価値観に触れることができるといい(保護者自身が)

まさか自分の子が不登校になるなんて思いもしませんでした。なので当然、私の中に不登校という文字はなかったし、知っていても他人事でした。

突然降って沸いたような出来事だったんです💦

訳がわからなくて・・・焦りと、どうしてうちの子がっていう気持ちと・・不登校というものがよくわからないが故の募る不安・・・・・💦

学校に行くというのが普通で当たり前だと思って生きてきたので・・・この先の不安というのは半端なかったですね。

とにかく、「なんでなの?」という気持ちが強く、原因を探すのに必死でした。パソコンを開いては「不登校」の2文字と「原因」、「親」なんていう言葉で検索をする毎日でした、何が原因なんだろう・・・。不登校に関する情報はわんさか出てきました。

しばらくはずっと不登校の原因探しをしていました💦「不登校になる子の親の傾向」「不登校を治すには」「不登校になりやすい子の特徴」などなど・・・あればキリがないほど出てきます。いくつか書籍も読んでみたり、講演会に行って話を聞いたり。学校への復帰に向けての話、なんかが書いてたり、実際の体験談が載っていたりしました。けれど・・・幾つも読んだり聞いたりしていてもなかなかしっくりくるものは、ありませんでした^^;

我が子にピタリと当てはまるものがないんです💦なんでなのか・・あんまりスッキリしない。なぜなんだろう・・・。

とてもいいこと書いてたりするんですよ!!ゆっくり見守る、とか学校に無理に行かせることはない、今は心を休ませる時だ・・とか。

頭ではなんとなくわかってるんですけど・・・目の前の我が子は1日中、眠くてゴロゴロ・・TVみたりゲームしたり・・どうしても優しくなれない自分がいたりして・・・💦この時期は本当にしんどかったな・・(⌒-⌒; )

自分との闘いでもあったような気がします。

でも、あーでもないこーでもないとなかなかハマらずにいた中で・・・結果、「不登校のゴール」っていう言葉に引っかかったのです。

ゴール?!そう、ゴールが欲しい!!と思ってた。うちの子のゴールはどこ?何?っていう答えが欲しくて、ずっとずっと探してた気がしたんですよね。でも・・・それが、また前の様に学校へ通える様になることなんだろうか、なぜか目の前で崩れまくっている我が子の姿を見ていて、それが正しいのかどうかがわからなくなってたんです。周りからの言葉もそう、色々な情報を自分の中に取り入れたことによって、何がいいのかわからなくなてきてた感もあったのですが、そうやって色々な意見に触れることによって、また自分が今まで生きてきた中での価値観、考え方が変わってきたのも事実・・・「本当にこれでいいのかな?」って思うようになってた。

 

今までずっと普通に生きてきて、学校へ行くのは当たり前のことだと思ってたし、不登校になるなんてこと考えられもしなかった。世間一般常識では小→中→高→大学へっていう道筋が普通にあって、そこからはみ出すなんてのは自分の中になかった。レールを外れてしまうことに不安もあったし、周りの目も気にしてたと思う。

そんな自分が娘のことを受け入れるのは本当にしんどくて理解できなかったから、必死で学校へ戻そうとしてた。

けれど、現実は・・・目の前にいる我が子の姿に、どうすることもできなくて情けなかったり、腹が立ったり、悲しくもなったりしていたのですが、でも、娘自身がなんかとても苦しんでいる様にも見えた。

この子の未来は・・・・ってところに多分意識がいったのでしょうね。レールに乗っていくということではなくて・・・。

そんな中で出会った師匠たち(竹川さん、千聖さん→未来型ドリーム)の影響も大きかったと思うのですが・・・。

この子の人生のゴールってなんだろう?って考えるようになったのです。

多分、自分の子が不登校になって何の情報も取り入れず我が道を行く!!なんて人は少ないと思うのですが。情報過多になる可能性もあるかもしれないのですが、それでも色々な意見、考えを聞いておくのは大事だし、必要だと思います。もしかしたら、その中に私のように、親自身が自分を変える何かきっかけがあるかも知れません。

いや、逆にやっぱり自分はこれでいいんだと思いなおすかもしれません。

あの時、私自身の中の価値観、考え方が変わったおかげで自分も楽になれたからこそ、色々な意見や考え方を柔軟に取り入れていくことは大切なんじゃないかと、私は今、そう思います。

 

 

 

 

 

    

5mail

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。