場面緘黙症の娘の高校入試

不登校・緘黙症

この間、娘の高校の面接試験がありました(通信制高校です)とは言っても親の私と一緒の保護者同伴面接です。場面緘黙症で不登校の中学生の娘は通信制の高校へ通おうと決めたのです。半分以上、私が推したのもありますが💦

その面接試験での様子・・・

高校の先生が娘の書いた志望理由書を元に質問をしていきます。

初めの名前と出身中学校はなんとか声に出して言えました。ですが・・・・

質問が続くにつれて娘がだんだん声を絞りだそうとしている様子が見てとれて。私もとなりで助け船を出しつつどこまでしたらいいのか迷いもありながら・・・

先生はうなづきでもいいですよと言って下さり、それもしんどそうながら何とか首をうごかそうとしていた娘・・そして、しまいには涙がポロリポロリと出てきてしまいました💦

それでも何とか最後までやりきりました。その場から逃げることもなくきちんと私の隣で座っていました(動けなくなっただけかも知れませんが💦)

終わると娘は(*^-^*)を伏せてしばらく泣いていました。ほんとに頑張ったなと思います。

これが場面緘黙症なんだ、これがこの子の生きづらさなんだと・・・改めて実感させられました。

すごい緊張感いっぱいで不安で、怖くて仕方なかっただろうなって・・・固まってたし。

私は何にもわかってなかった。親としてなんにもしてこれてなかったんじゃないだろうか・・娘の本当のしんどさに気付いてやれてなかったなって・・・今さらながらに思います。

今までの私自身の行動を振り返ってみて・・もしかして、たくさんこの娘を傷つけてきえたんじゃないかなって・・反省しました。

なんか・・え?私何やってたんだろう・・今まで。

本当に情けない気持ちでいっぱいになってしまいました💦

自分ばっかりしんどいってなってたなって・・・。そんな私を見ながらたくさん傷ついてきたのかも知れないな・・。

借金、仕事、離婚、引っ越し・・・色々なものを抱えながら、忙しさの中」、子ども達のことを考える暇もなく・・というか考えてなかったんだろうな。

色々・・悪いのは親の私たちだ。

子ども達がひきこもってしまうのも無理ないよな。

娘の緘黙についてもっとしっかり知ろうと思います。そして、娘や息子の為にも人生をしっかりやり直していきたいと・・・。

みんなが笑って過ごせる毎日を少しでも増やしていけたらなって思います(*^-^*)

 

    

5mail

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。