不登校児の母、初めての三者懇談に行く

不登校

ももやんです(^^)/

 

娘不在の三者懇談

学期末・・三者懇談へ行ってきました。

とは言ってもうちの場合は二者懇談・・いや、でも通級クラスの先生もいたからやっぱ三者?!いやいや・・そんなことはいいのですが・・・(;’∀’)

行ってきました、娘の中学校へ・・・久しぶりの校舎・・入学式後に案内してもらったっきり・・娘の教室へは行ってないので・・半分忘れかけていましたクラスの場所・・・(-_-;)

でも、1年生の教室は大体分かりやすいところにしてくれているようで(小学校もそうでした)案内図を見ながらすぐに娘の教室へたどり着く事ができました(^^)/

待っていたのは通級クラスのS先生と担任のO先生・・・「どうですか?」とまず娘の家での様子を聞かれ、「生活リズムは夜型になっていますが、身体も精神面も元気です」的なことをお伝えすると、「よかったです。元気なら・・♡」とおっしゃられ・・・1学期の成績の事などその他諸々、お話しがありました。

先週久々に学校へ登校したのですが(約1か月半ぶりぐらい?)その時も先生たちはとても喜んでくれて「元気な姿が見れて嬉しかった」と・・・。

懇談では、娘が春に連続で続けて登校して頑張っていたことをきちんと評価してくれ、「またこの先は焦らずにゆっくり行きましょう・・」と力強く声をかけてくれた先生たち。

 

焦り、迷いつつも・・

頭ではわかっていても気がはやり、焦って前へ前へと進めようと進んでくれよと期待しそうになってしまう親の私・・今まで先生たちが「ゆっくりいきましょう、元気で良かった」という言葉に「え?ゆっくり?大丈夫なの?そんなんで・・中学校だよ?小学校とは違う・・出席やテストの結果も響いてくる・・」なんて気持ちがムクムク湧いてきたりしていたのですが・・・。

娘が一定期間、学校を休みながらも「久々に行こうかな・・」「勉強も気になるし・・」という気持ちで登校した様子を思い返すと・・ちょっとずつでいいのだな・・と自分の気持ちも落ち着いてきて・・今回の懇談の時の先生の言葉はスーッと受け入れることができました(^-^)

「まだまだ自分が安定せんなぁ・・」と毎回反省です(;^ω^)

それでも、こんな私ですが、ちょっとずつ自分の気持ちとも向き合い折り合いつけながら、進んでいけたらいいなぁ・・と思いながら帰宅の途につきました(*^-^*)

迷いながらの毎日ですが・・・また頑張って生きていこうと思います(^^)/

    

5mail

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。