緘黙症の娘と行く2020年の初詣

かんもくガール

 

2020年の初詣

先日、娘と息子と3人で、少し遅めの初詣に行ってきました(*^-^*)

そう、今年は娘も一緒に行きました♡

去年の初詣はどんなだったっけかな~と思って、ブログ記事を見ていたら・・・

去年は娘、参拝せず、なんと夫と息子と自分の3人で行ってるではありませんか(^^;)➡方違さんへ初詣・・・

読みながら、そういえばそうだったな~なんて1年前の記憶がよみがえってきました。1年前は、こんなに家の中が借金や離婚問題でぐちゃぐちゃになるなんて思ってもいなかった(笑)

今年は、夫は厄年でもないし、もともと神社みたいな人の多い場所は苦手な人なので、最初から行かないと言ってました。まぁ、私も一緒に行く気もなかったけれど・・💦

娘が初詣に行く気になっていたので、それが嬉しかったです(*^-^*)

初詣に行った神社は去年と同じ、方違さんです(^^)/

今年もちゃんと古いお札を納めて、参拝。

家族みんなが元気で過ごせますようにと、経済的自立ができますようにと(笑)

そして厄除けの破魔矢を購入して・・毎年恒例のおみくじを・・引いてきましたよ(*^-^*)

今年は何が出るのかなぁってちょっぴりの期待を込めて・・・

おみくじってワクワクしませんか?

この年初めのおみくじは、これで1年が決まるってぐらいの気持ちが入ってたりするので・・・

なんか特別なものを感じます♡

 

おみくじ

おみくじについて、調べてみました!!

わかりやすい記事を見つけたので抜粋させていただいてます。

 

(おみくじとは・・・)

おみくじとは、物事を機械的かつ公平に決める「くじ」の行為に、神様の意志が表れると、考えられているものです。参拝した後におみくじを引くことで神の真意を知ることができると言われています。

昔は国の政治に関わる重要事項や後継者選びなどの際、神の意志を知るためにくじが使われていました。神社の祭事に関する役決めにもくじが使われていたようです。

おみくじは「御神籤、御神鬮」などと書きます。

くじの方法はさまざまありますが、昔はいくつかの紙に名前や選択事項を書いて、神前で御祈願をしてから一枚を選び、後継者などを決定していました。他には紙の上で御幣を振って、御幣にくっついた紙に記された内容に決定する、というものもあるようです。

最近の神社のおみくじは、箱に入ったくじの中から1つを選び、「大吉」「吉」などの運勢結果と「金運」「待人」などの詳細なメッセージ、そして和歌などのお言葉が載っているものが多いです。<神社専門メディア~奥宮(OKUMIYA)~より抜粋>

 

神様に参拝して、その神の意見、意志をおみくじをひいて聞くと言うことでしょうかね・・

今年、私は神様からの意志として、大吉をいただきました(*^-^*)

よくよく読むといいことばかりは書いていませんでしたが、総じて努力を怠らず頑張れば良いことがある・・ということでした(*^-^*)

結局、良くするも悪くするも自分次第だよってことですよね。

大吉ってだけでモチベーション上がるので、やっぱり大吉の力は大きいです(笑)

この運を1年間ずっと持ち続けていけるようにコツコツ頑張りたいと思います。

ちなみに娘は、息子は中吉でした(*^-^*)

 

初詣の帰り道

初詣の帰り道・・子ども達が私の前を2人で歩いていました。

去年、私と夫・・両親の離婚劇を目の前にして色々揺れたことだと思います。ストレスも感じてたと思います。

けれど、子ども達は私の話をしっかり聞いて、離婚後、家を出て行く事になるかもって時は、母である私についていくと気持ちを固めて、家の事もよくやってくれるようになりました。

そして、何よりも、二人の関係ががっつり濃くなった気がします。今までよりも、いいことも悪いことも協力して一緒にやってくれるようになりました(笑)

そんな子ども達の背中を見ながら、ほんとに大きくなったなぁと・・しみじみ思います。

身体も大きくなって、もう、2人とも私の背を追い越してて・・いつの間にか、色んなところで助けられてる自分に気付いて「あぁ、子どもってこうやって親を超えていくんだなぁ」って・・

身体も心も成長していく我が子が誇らしくなりました(*^-^*)

まだまだ、発展途上の子ども達でやきもきさせられたり、イラッとさせられたり本気でムカついたりすることもありますが(;^ω^)

これからも、優しく?見守っていけたらと思います(笑)

去年とは違う、子どもたちの大きな成長を感じた2020年の初詣・・・ちょっぴり嬉しくて、にやにやしてしまう母でした♡

 

 

 

 

    

5mail

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。