場面緘黙症で不登校の娘が生きてく未来 〜普通でも普通じゃなくてもいい〜

不登校

      最後に・・・「普通でも普通じゃなくてもいい・・」それぞれの未来へ

娘が不登校になり、場面緘黙症とわかり、引きこもりになってしまった姿をずっと見て来ました💦

原因を探しているうちに、自分のこの性格、生まれもっての気質、色んなことがわかってきて・・・全てをひっくるめて考えた上で・・娘は今の社会の中では生きづらい・・まず、人が怖い、人混みは無理、電車も乗れない、緊張や不安感が強く対人面は特に厳しい・・・💦

生活リズムも安定しない、眠れない日もある。普通になりたくてもなれない自分に苛立ってる姿をラクさん見てきました。普通に生活したくてもできないとしんどそうにしている姿も見てきました。

普通は、多分、私自身がずっと持っていた価値観で・・小学校行って勉強して友達と楽しく遊んで・・・中学校行って、部活したり、恋愛なんかもしたりして・・・高校行ってバイトしたり、友達とちょっと悪いこともしたり、部活に精を出したりして・・

まさに親の私自身がのっかてきたレール人生のこと・・・今頃はだいぶ変わってきてるのだろうけど・・・世間一般的にそんな感じでしたね。

きっと、娘もそんなのに憧れたりしてたと思うし、勉強も頑張らないとって・・・。

でも・・普通になれない自分に劣等感を抱いたりしてたりもする・・・・💦

最初の頃は本当に人生のレールに乗っからないと大変って焦ってたし、娘をどこかで戻さないとって強く思ってた。

でも、娘の姿を真近で見てきて・・・娘のゴールを考えた時、別に学校に行ってレールに乗るのがゴールじゃないって思えたんですよね・・それはそれまでの自分自身の中の葛藤があったからこそ行き着いたところです。

本当に娘のゴールは自分自身の足で立って生きていけるようになること、自立すること。

普通の道の方がそれは近道なのかも知れないんだけど・・・別に色々な方法で道を作ってってもいいんじゃないかと。

だから普通でもいいし、普通じゃなくてもいいんだよって思うんです。

それはまあ、色々人生大変なことだらけですが、普通の道歩いていたって軽く、つまずいたり転んだりはありますしね💦

踏み外したって・・全然大丈夫だよって思うんです。自分の足で立って生きていける様になったらそれでOKだと。

母の私が今、娘と息子へ伝えたい想いは・・・

普通でも普通じゃなくてもいい・・・それぞれの想う未来へ繋げられるなら、どんな道でもどんな歩き方でも・・・。

幸せになってほしい・・・ただそれだけです(๑>◡<๑)

 

 

    

5mail

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。