発達障害の割合が大きくなると言われている不登校の子どもたちへの支援・・療育へ繋げられる相談期間を見つける

不登校

各所相談機関を調べて、それらとつながる・・我が子の姿を丸ごと見ていく。療育が必要になることも・・・・・

これ、重要だったな・・・まずは娘のことをもっともっと外へ相談すればよかったなって・・未だ後悔しています💦

娘が不登校で眠れなかったり、様子がおかしいなと気になっていた頃、児童精神科やクリニックなど行ってみたのですが、娘が嫌がるのを、とりあえずと半ば強制的に連れて行ったので、後々の拒否感が強くなってしまった💦みたいなところがあって・・・病院が最初の入り口だったのはちょっと自分の中でも失敗だったかも・・と思いました^^;

学校の担任からは市の教育相談機関を教えてもらいました。そこの心理士さんとは娘、合ったみたいで続けていくことができていました、ただ、途中から一緒に弟も連れて行ってしまったのがあまり良くなかったかなと・・・。彼はその頃、とても人懐こくて外向きな少年だったので・・話やら注目を全部持ってっちゃってしまってなところがあって。娘のために一緒もいいかなと思ったのですが。今思えば逆効果だったなと(⌒-⌒; )

フリースクールにも行ってみましたがどれもなんかしっくりこなくて。ただそこで遊んで過ごす・・的なところが多くて・・。その頃学習面での不安を抱いていた私はそういう居場所づくりではなくて学習面でのサポートをしてくれるところを探していましたが、結局思う様なところはなくて、娘を連れて通うにはとても不便だったし・・・。実際娘自身もこれといって気に入った場所はあまりなかった様で・・母が行けというから行く・・みたいな💦

また、学習塾的なところもいきましたが、これも遠すぎて(近場ではなかなか思うところがないのです)自分の仕事に合わせていくには難しく💦かといって娘が1人で通う様になるにはとても時間がかかりすぎて大変でした。彼女の生活リズムも安定していないので時間に合わせるのがまず・・って感じもありました💦あと・・・お金がかかる💦やっぱり経済的に厳しいです。

スプリングサポートという自治体がやっている、不登校の子の復学を目的とした適応指導教室というところもありました。ここが唯一学校と連携して、担任も関わってくれてやっていけた場所でした。娘も勉強を見てもらえて頑張っている姿がありました。ただ、これもなぜかへんぴな場所にあって・・というか自分の家からの場所が公共機関で行くにしても通いづらく、当時娘は小学生だったので、必ず親の送迎が必要でって・・・1コマの時間も曜日も決まっているし、仕事を変えてセーブしたとはいえ、なかなか調整しづらく長くは続かず💦

この頃、私は1人もがいていて・・・・普通と普通じゃない人生の価値観の狭間で揺れていたんです。なので、ここに通い続けることは学校へ戻すってことで、これでいいんだろうか?っとか思いはじめてたりもしてて・・・・(多分、この後ぐらいから未来型の師匠、竹川さんと千聖さんとの出会いがあり、今の考え方に落ち着いていくのですが)

色々、本当にわけわからないなりに頑張ってきましたが・・・今、なぜか、奇妙な?いや必然だったのかな?ご縁がつながって関わることになった障害福祉の仕事で、今まで全然知らなかった情報が入る様になって・・・

改めて自分の娘のことを振り返るきっかけになりました、ほんとにもっともっともっと早くに・・できれば保育園の頃からその兆候はあったのに・・・もっと周りに助けて!!ってヘルプ出せばよかった、もっと貪欲に積極的に色々なところを調べ尽くして相談に行けばよかった。

そうしたら、今より早く障害福祉に関わるきっかけができていたかも知れない・・・もっと早く娘を療育につなげられたかも・・・

あの頃の自分の娘への関わり方、かける言葉のひとつも変わってたと思う。ほんと今思うとたくさん傷つけてきてるなって、知らないって怖いわって思うほど💦

親である自分の性格、変なプライドも邪魔をしてたのだと思う。(ただ、私にはお節介な母や妹がいてくれて、一緒に娘のことを心配して考えてくれてたから・・まだ救われていると思っています。)

そうは言っても見過ごされてしまうこと、見過ごしてしまうことはたくさんあると思うのです。

今はあの頃よりサポート体制は増えてきてはいると思うのですが、そういう場所があるということを知れるきっけが、もっともっともっと広がればいいのになって・・・強く感じます。

そうすればもっと救われる親子が増えるんじゃないかなって・・・。

でも・・・自分で動くこともとても大切です。

大変だし、苦しいし、辛いこともいっぱいです。

目の前の現実、我が子から逃げたくなることも、それはもうほんとに・・・たくさんのことがあります。

でも、まずは周りにヘルプ・・です。何がきっかけになるかはわかりません。1回で諦めないで・・・

病院、学校、民間機関、フリースクール、でも・・自治体の窓口が一番近道かな?

自分が住んでいるところのネットワークを頼りに、色々なところへ、まずは相談に、話をしに、聞きに行ってほしいなと思います。

 

    

5mail

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。