不登校児の親同士でストレス解消・・妹とのランチ会

不登校

妹と恒例のランチ会

この間、ふと思ったのです。娘の不登校生活も気づいたらまるまる4年突入・・・。早いなぁ・・・月日が経つのは・・何やってんだろうってのはありますが、振り返るとあの頃よりは少しは前に進めているのだろうか・・と思ったり。

そして、いつからか続いている同じように不登校の娘を持つ、妹とのランチ会☆

先月も行ってきました(*^-^*)

美味しいものを食べに(笑)

「どこにしよっかな~」とか言いながら結局いつものファミレスへ・・・食べながらこれまでの近況をグチと共に吐き出す私たち(;^ω^)

まぁ、出すの目的なんでこれでいーんですけどね(^^)/

私は息子が不登校になりかけてた事、娘の今の状況や夫のこと、借金のこと、仕事のこと・・などなど、たくさんたくさん話しました。

お互いに普通の社会からあぶれてしまっている子供を持つ親なので、色々話してると感覚がわかるっていうか、共感できるところが多いのでホッとしたりします。

 

妹の言葉、私の悩みに対する答えは・・

そんな妹と話している時に、この日一番衝撃を受けた言葉がありました。それは、最近、正社員になって働きだした自分の悩みを妹に話した時のこと。

仕事をしていく中でどうしても職場の人間関係というところで悩む人って多いんじゃないでしょうか・・・例にもれず私も周りの人やその人達が醸し出す職場の雰囲気になかなか慣れることができずにいて・・・ちょっとしんどかったんです。

それを言ったら、妹・・・なんて言ったと思います?

「え?職場とかで人間関係とかで悩むって考えられん!!」って・・・

「だって仕事やで、仕事しに行ってるんやで!」と続けて言われました。なんだかハッとしました。

「何で悩むっていうか揉めることあんの?」って聞かれて・・「色々嫉妬とか、人間の感情?相手に対する不満とか?顔うかがったりせなあかんかったりすることもあるし」って言ってしまった私でしたが・・・

「ほんまわからんわぁ・仕事するのにそんなの必要ないと思う」と言われてしまいました

今までそんな考え方したことなかったのですごくすごく衝撃を受けました・・・

その時の私、周りにうまく溶け込まないと・・とか、誰が敵か味方かわからないから・・・ぐらいな勢いで周りの顔色ばかり窺ってたから・・

妹のこの言葉にはほんとにハッとさせられて、目が覚めた感じがしました。そうだ、私は仕事をしに行ってるんだ。なのになんでそれとは全然関係ないところで悩みまくってるんだろうって・・・。

それでずいぶんと気が楽になって・・・今、目の前にある自分の仕事をきちんとすればいーんだって・・思いました。

 

「仕事にいってるんやで!」「何を人間関係で悩むことあるのん?」

この人間関係ってのは厄介なもんですね(-_-;)一度こじれてしまったらなかなか元に戻れないこともあるし、集団心理でいじめにつながっちゃうこともあるし、みんななかなか自分の本音を出して生きていくのが難しかったりする・・・

不登校になっちゃう原因もここにあったりすることも多いしね(-_-;)

周りを気にせずに生きていけたらどんなに楽ちんだろうって思う。自分自身、周りの顔色をうかがいながらずっと生きてきたんだろうな・・子どもが不登校になった時も周りと違うことに不安になってたし・・。

妹が放ったこの言葉は、私のお守りでもあり、ちっちゃい勇気を持てる言葉になりました(*^-^*)

仕事、しっかり頑張ろうって思います♡

    

5mail

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。