不登校で緘黙症の娘が母の誕生日を祝ってくれた話

不登校

2020年、今年で47回目の誕生日を迎えた私(;^ω^)

不登校で緘黙症の我が家の娘と超がつくほどマイペースな息子が2人してバースデイケーキを作ってお祝いしてくれました。

先月、ふと娘が「お母さん、誕生日ケーキつくったげる」と言うので・・・「どーした?」と返すと「お母さん、誕生日やろ、ケーキ手作りしようかなと思って・・」とのこと。

うちのかんもく娘、割と料理するのが好きで、スイーツとかも作ったりするんですよ。

こないだは牛乳寒天(ミカン入り)作ったりしてました(ちょー簡単♡)

ほんとは私のケーキ以外にも「ガトーショコラ」なんてのも作りたかったみたいで、ちゃっかり材料調べて、一緒に買ってきてました(*^-^*)息子もそれにのせられ?一緒に買い物に行って、2人でケーキを作ったようです。

週末金曜日に私が仕事に出ている間に作ってくれていたようで・・・仕事から帰ると「お母さん、冷蔵庫見てっ!!」と子ども達。

冷蔵庫の扉を開けると、そこには・・・・

大きないちごに、みかん、もも、ばななといった果物たちが真っ白な生クリームの中や上にこれでもかと詰められ、乗せられていて・・・・ハート型のチョコレートや銀色のアラザンで飾り付けられていました(*^-^*)

「うわぁ~、ありがとうっ!うれしいっ!」と心の底からの気持ちを娘と息子に伝えました。

そしたら子ども達も「おめでとう♡」とひとこと。本当に嬉しい気持ちでいっぱいでした(*^-^*)

うれしくてケーキの写真も撮っちゃって・・・

ちょうどおめでとうメールをくれていた妹たちとのグループラインに送っちゃいました。

みんな「うれしいな、その気持ちが・・」「おいしそうっ!」「いいな~」っと返信くれました。

2020年、47回目のバースデーは娘と息子の優しい気持ちをたっぷり感じた、忘れられない日になりました(*^-^*)

ケーキ、しっかりいただきましたよ~っ!!めっちゃおいしかったです(>_<)

お母さん、この一年も頑張るからねーっ!!(*^-^*)

 

    

5mail

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。